薄毛とその原因について

薄毛とその原因について

薄毛になると、髪の毛の量が減り、地肌が薄く見えてしまいます。

人は一般的に一日に50本から100本髪の毛が抜けると言われています。

しかしもし150本以上抜けて、それが毎日のように続くなら注意しなければならないでしょう。

では人はなぜ薄毛になってしまうのでしょうか。

考えられる原因は大きくわけると4つになります。

まず一つ目は、男性ホルモンです。

男性ホルモンの異常分泌により、毛乳頭細胞の分裂が抑えられ、髪の毛が生えてこない場合があります。

体質や遺伝によってこの男性ホルモンに影響されやすい人がいるようです。

二つ目の原因は血液循環の不良です。

血流が悪くなると、髪の毛の成長に影響を与え、抜けやすくなります。

毛乳頭に毛細血管がありますが血流不足ですと必然的に栄養不足になり薄毛になってしまうというわけです。

三番目に考えられる原因は頭皮が緊張するという点です。

これは急激な成長により、時に頭皮が突っ張られるようになり頭蓋骨と頭皮の間の血管が圧迫されることがあります。

そうなると血流が悪くなり、細胞も元気がなくなりそれにより薄毛となってしまうでしょう。

最後の理由は脂漏です。

皮脂の分泌が異常など、毛穴が詰まり、皮膚に炎症が起こりやすくなります。

それにより髪の毛の成長を阻み、薄毛になることがあります。

以上のように、男性ホルモン、血液不良、頭皮緊張、脂漏などが主な薄毛の原因となっています。

また、その他にもストレスや生活習慣の乱れが髪の毛の状態に影響しています。

自分だけの時間をちょっとだけでも持つとリフレッシュできますよ。

メールはこちら